野球(高校野球・プロ野球)やサッカー、アメフト・NFL、バスケ・NBAを深堀り!スポーツ全般について情報発信!

スポーツROOTS

ドラフト候補 神奈川県

山村崇嘉選手(東海大相模2年生)の小学・中学・高校のプロフィール経歴や動画!

投稿日:

東海大相模高校の4番に座る注目のスラッガー山村崇嘉選手。

2年生春の時点ですでに通算本塁打が30本を超えるドラフト候補・プロ注目の選手です。

神奈川県・東海大相模高校の山村崇嘉選手のプロフィールや動画をチェックしていきましょう。

山村崇嘉選手(東海大相模2年生)の小学・中学・高校のプロフィール経歴や動画!

山村崇嘉のプロフィール

名前(読み方) 山村崇嘉(やまむら たかよし)
生年月日 2002年9月28日
出身地 東京都
身長・体重 180㎝・85㎏
投打 右投左打
ポジション 投手・一塁手
学校 武蔵府中リトルー武蔵府中シニアー東海大相模

山村崇嘉選手の生い立ちについてみていきましょう。

 

山村崇嘉選手の小学校・中学校時代

小学校:武蔵府中リトル

小学生のころから110キロ近いストレートを投げるほど、能力の高さを見せていた。

 

 

中学校:武蔵府中シニア

武蔵府中シニアでは2年生からレギュラーとして活躍。

全国大会でも活躍し、MCYSA全米選手権大会・U-15アジアチャレンジマッチの日本代表にも選出され、投手・野手としてプレーしていました。

中学時代の恩師である武蔵府中シニアの小泉隆幸監督は、「随分やんちゃなところがありましたが、私にしてみれば本当にかわいい子でした。教えがいのある子でしたね。よく怒りもしましたが、こちらが愛情をもって接すれば愛情で答えてくれる。そんな良い子でした。」と、その真っすぐな性格がその実力を支えていると語る。

 

  • 2015年(中学1年時):リトルシニア日本選手権大会 ベスト8
  • 2016年(中学2年時):リトルシニア日本選手権大会 1回戦
  • 2017年(中学3年時):リトルシニア全国選抜野球大会 3回戦
  • 2017年(中学3年時):リトルシニア日本選手権大会 ベスト8
  • 2017年(中学3年時):ジャイアンツカップ 2回戦

 

山村崇嘉選手の高校での活躍

山村崇嘉選手は神奈川県の名門・東海大相模高校に進学。

主に一塁手として出場していますが、投手として出場することも。

打者としては1年秋に16本塁打を放ち、2年夏の時点で37本塁打。

ボールに角度をつけて飛ばすのが上手く、本塁打を量産するアーチスト。

投手としても140キロ弱を投げ、スライダーやチェンジアップなど変化球のキレにも定評があり、二刀流として活躍。

 

 

山村崇嘉投手の球種

  • ストレート:MAX147キロ
  • スライダー
  • チェンジアップ

山村崇嘉投手のピッチング動画

 

山村崇嘉選手の動画

 

 

2019(2年)夏の選手権神奈川大会

日程 トーナメント 対戦相手 スコア
7/15 2回戦 相模原中等教育 10-0
7/17 3回戦 茅ヶ崎 11-0
7/21 4回戦 慶應義塾 16-3
7/22 5回戦 湘南 6-1
7/25 準々決勝 相洋 5-2
7/27 準決勝 相模原 11-2
7/28 決勝 日大藤沢

神奈川県大会決勝でも本塁打を放つ活躍。4番として存在感を放っています。

高校野球好きにおすすめのマッチングアプリ!【with】共通点でマッチング!だから確実に盛り上がる

 

ライザップ

-ドラフト候補, 神奈川県
-,

Copyright© スポーツROOTS , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.