野球(高校野球・プロ野球)やサッカー、アメフト・NFL、バスケ・NBAを深堀り!スポーツ全般について情報発信!

スポーツROOTS

NBA NBA2K21

【NBA2K21マイリーグ⑫】ウィザーズシミュレーション 4年目へ向けたオフシーズンの動向

投稿日:

NBA2K21マイリーグでのウィザーズのシミュレーション、今回で第12回となります。

前回は3年目シーズン結果についてレポートしてきました。

わずか1ゲームの差でプレイオフを逃したウィザーズ、4年目はなにがなんでもプレイオフ進出を決めたいところ。

今回は4年目に向けたオフシーズンの動向についてレポートしていきます。

 

⇒前回のレポートはこちら『【NBA2K21マイリーグ⑪】ウィザーズシミュレーション3年目の結果』

【NBA2K21マイリーグ⑫】ウィザーズシミュレーション 4年目へ向けたオフシーズンの動向

3年目のシーズンはわずか1ゲーム差の9位でプレイオフ進出を逃しました。

ジョン・ウォールに代わって新戦力としてベン・シモンズが加わったウィザーズ、オフシーズンでさらに新戦力を獲得することができるのか。

 

2023年NBAドラフト

前年はドラフト指名権を放出したため、ルーキーの獲得はありませんでしたが今年は1巡目指名がひとつあります。

ロッタリーで1位指名権を獲得する確率は0.9%。

上位での指名は難しいものの、12位指名なので伸びしろのある選手を獲りたいところ。

 

ロッタリーの結果、ウィザーズは12位指名権となりました。

 

2023ドラフト

実際のNBAでは2022年のドラフト候補になっている選手たちとなっています。

とはいえまだ2年後のドラフト候補なので、2年後のドラフトが対象となる年代の高校生のリストとなるでしょうか。

2年後の実際のドラフトでは顔ぶれも大きく変わっている可能性もありますが、将来のドラフト候補ということでチェックしておいても良いかもしれません。

 

1位:Emoni Bates(デトロイト ピストンズ)

 

2位:Paolo Banchero(ポートランド トレイルブレイザーズ)

 

3位:Adrian Griffin Jr.(ニューオリンズ ペリカンズ)

 

4位:Chet Holmgren(ニューヨーク ニックス)

 

5位:Adem Bona(クリーブランド・キャバリアーズ)

 

  • 6位:C.Houstan(オーランド マジック)
  • 7位:S.Ngnga(ユタ ジャズ)
  • 8位:C.Livingston(アトランタ ホークス)
  • 9位:O.Dieng(フェニックス サンズ)
  • 10位:M.Moody(サンアントニオ スパーズ)

 

12位:ジェイデン・ハーディ Jaden Hardy(ワシントン ウィザーズ)

ドラフトではサラリーが高額なブラッドリー・ビールの次のSG候補として、ジェイデン・ハーディを獲得しました。

ブラッドリー・ビールは今年のFAでもあるため、残留は難しいかもしれないため、次のシューティングガードとして期待したいところ。

2023 フリーエージェント

続いてフリーエージェント(FA)。

2023年の主なフリーエージェント選手は以下の通り。

 

【2023年の主なフリーエージェント選手】

選手名 ポジション 年齢 総合値 予想年俸
ジェイムス・ハーデン SG 34 93 $40.63M
ザイオン・ウィリアムソン PF 23 91 $35.30M
二コラ・ヨキッチ C 28 90 $37.56M
ブラッドリー・ビール SG 30 87 $28.62M
シェイ・ギルジアス=アレキサンダー SG 25 86 $28.33M

ザイオン・ウィリアムソンは今後のNBAを代表する選手となることが想定されるので、是非とも獲得したいところ。

サラリーキャップの空きはないのですが、何とか獲得したいのでMAX契約でオファーしてみました。

 

ただ、獲得には至らず。。。

ザイオンはペリカンズ残留となりました。

 

他にも獲得したい選手はいるものの、現在契約している選手のサラリーを考えながら、様子を見てよい選手にオファーすることにしました。

今回のFAでも主力の獲得はなし。

逆にブラッドリー・ビールが他チームと契約することになりました。

 

選手の能力変化

FAが終了し、現時点でのロスターは下記の通り。

ビール以外の主力は残るものの、移籍する選手が多く、現在8選手のみ。

契約選手の能力変化は下記の通りとなります。

3年目を迎えるデニ・アヴディアが3ポイント上昇しましたが、同じく3年を目迎えるワイズマンは能力が2ポイント下落。

昨シーズンにケガをした影響なのか、早くも下落が始まっているのかわかりませんが、まだまだ成長すると思っていただけに意外な変化となっています。

また、八村塁選手も能力が1ポイント下落。

NBA2K21のマイリーグは、チームがチャンピオンになることが目標ではありますが、個人的には八村塁選手の成長を見たいことが今回のシミュレーションの目的の大部分でもあるので、ここで成長が止まってしまうのはツライところです。

まだまだ成長していく姿を見たいのですがどうなるでしょうか。

 

次シーズン開始にあたりFAでの補強

現状、ウィザーズの選手は8名ですが、次シーズン開始にあたり13名が必要となるため、新たにFAで選手を獲得しました。

選手名 ポジション 年齢 総合値
T.Alexander PG 23 76
S.Milton SG 27 76
V.Cancar SF 26 75
C.Silva PF 27 76
D.Favors C 32 76
N.Noel C 29 76

スターターになるほどの能力はなくても、バックアップとしてはまずまずの選手たちではないでしょうか。

 

以上の14選手で4年目シーズンを迎えます。

4年目のシーズンは初のプレイオフ進出となるでしょうか。

 

ライザップ

-NBA, NBA2K21

Copyright© スポーツROOTS , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.