野球(高校野球・プロ野球)やサッカー、アメフト・NFL、バスケ・NBAを深堀り!スポーツ全般について情報発信!

スポーツROOTS

神奈川県

高校野球2019 夏の神奈川県大会抽選結果!シード校や注目の高校・選手は?

更新日:

2019年夏の選手権大会が迫ってきました。

全国の都道府県予選が6月中旬から始まりますが、神奈川県では早くも2019年6月8日に組み合わせ抽選会が行われます。

先日、春季関東大会を優勝した東海大相模高校や春のセンバツ出場校である桐蔭学園・横浜高校など強豪がひしめく注目の大会です。

そこで今回は神奈川大会の日程やシード校、注目の高校についてみていきましょう。

高校野球マガジン vol.12 第101回全国高校野球選手権 神奈川大会完全ガイド (週刊ベースボール2019年6月15日号増刊)

高校野球2019 夏の神奈川県大会抽選結果!シード校や注目の高校・選手は?

2019神奈川大会の日程

  • 組み合わせ抽選:2019年6月8日(土) 正午より
  • 開幕:2019年7月7日(日)
  • 決勝:2019年7月28日(日)

出場チーム:181チーム(連合6チームを含む)

 

2019年神奈川大会のシード校

第1シード

2019春季県大会準決勝進出校

優勝候補の筆頭としては春季神奈川県大会を優勝し、関東地区大会でも優勝した東海大相模

3年生の二刀流・遠藤成選手や元プロ野球選手を父親に持つ金城飛龍選手や2年生で30本以上の本塁打を放っている西川僚佑・山村崇嘉選手などスター選手が揃うチームです。

準優勝の桐光学園は準決勝で選抜出場校の横浜高校を撃破。

2年生ながらエースで四番の安達壮汰選手を中心に7年ぶりの甲子園出場を狙う。

横浜高校はドラ1候補の及川雅貴投手や2年生の木下幹也・松本隆之介投手といった好投手が揃っており、野手にも2年生の渡会隆輝など注目の選手がズラリ。

同じく準優勝の鎌倉学園も、持ち味の結束力を武器に甲子園初出場を狙う。

 

第2シード

2019春季県大会準々決勝敗退校

  • 向上
  • 藤沢清流
  • 弥栄
  • 相洋

第2シードでは、桐蔭学園を破った向上高校に注目。

公立高校の弥栄も準々決勝で横浜高校と善戦、藤沢清流は慶應義塾を破って勢いに乗るチーム。

 

第3シード

2019春季県大会4回戦敗退校

  • 湘南学院
  • 立花学園
  • 麻溝台
  • 日大藤沢
  • 藤沢翔陵
  • 戸塚
  • 厚木北
  • 光明相模原

ノーシードの注目高校

  • 桐蔭学園
  • 慶應義塾
  • 横浜隼人
  • 横浜創学館
  • 日大高
  • 武相
  • 三浦学苑
  • 平塚学園
  • 星槎国際湘南
  • 淞南工大付
  • 藤嶺藤沢
  • 橘学苑
  • 横浜商

ノーシードの中にも十分に甲子園出場のチャンスがあるといえるでしょう。

春のセンバツ甲子園大会にも出場した桐蔭学園や慶應義塾、横浜隼人、平塚学園などの強豪校もノーシードながら甲子園出場を目指す。

 

神奈川大会の抽選会結果

神奈川大会の抽選会結果、トーナメント表はこちらをご覧ください。

各第1シードのブロックごとに強豪校を見ていきましょう。

 

鎌倉学園ブロック

  • 第1シード:鎌倉学園
  • 第2シード:弥栄
  • 第3シード:厚木北、日大藤沢
  • ノーシードの注目校:横浜隼人、藤嶺藤沢

 

桐光学園ブロック

第1シード:桐光学園

第2シード:向上

第3シード:麻溝台、立花学園

ノーシードの注目校:桐蔭学園、大和、横浜創学館

 

東海大相模ブロック

第1シード:東海大相模

第2シード:相洋

第3シード:藤沢翔陵、戸塚

ノーシードの注目校:慶應義塾、武相、伊志田、湘南工大付、橘学苑

 

横浜高校ブロック

第1シード:横浜

第2シード:藤沢清流

第3シード:光明相模原、湘南学院

ノーシードの注目校:平塚学園、横浜商、星槎国際湘南

 

2019神奈川県の注目選手

ドラフト候補として名前が挙がっている選手や注目選手を見てみましょう。

【神奈川県ドラフト候補(3年生)】

高校 ポジション 名前 投打 寸評
横浜 投手 及川雅貴 左投左打 最速153キロ左腕。スライダーにもキレがあり、中学時代から国際大会を経験
桐光学園 投手 谷村然 右投右打 まだあまり注目が集まっていないがもっと騒がれてもおかしくないほどの右腕
三浦学苑 投手 渡邉倫太郎 右投右打 最速141キロの本格派右腕。いとこは日ハムの渡邉諒
横浜 一塁手 内海貴斗 右投左打 ムダのないスイングから長打を連発する左の長距離砲
東海大相模 三塁手 遠藤成 右投左打 攻守にスピード感を発揮する内野手。投手としてMAX145キロを投げる二刀流
桐蔭学園 遊撃手 森敬斗 右投左打 春季関東大会はMVP的活躍。攻守だけでなく打撃も◎
横浜 中堅手 小泉龍之介 右投右打 野性味あふれる打撃で2年秋には2戦連発の本塁打も放つ

【神奈川県ドラフト候補(2年生)】

高校 ポジション 名前 投打 寸評
東海大相模 左翼手 西川僚祐 右投右打 現時点で右の代表的スラッガー。2年秋時点で通算30本塁打以上
横浜 投手 木下幹也 右投右打 中学時代から話題の本格派右腕。最速144キロ
横浜 投手 松本隆之介 左投左打 手足の長いスケールの大きい左腕
東海大相模 一塁手 山村崇嘉 右投左打 中学時代は投手として騒がれた。懐の深い打撃で2年春時点で通算30本塁打
横浜 二塁手 渡会隆輝 右投左打 打撃センスにあふれ、恐ろしいほどの集中力からの打撃は必見

有力候補をして名前が挙がっている選手です。

3年生にも素晴らしい選手が多いですが、2年生にもすでに高校を代表する選手もいます。

 

また、下記の選手も注目されている選手です。

【3年生】

  • 桐光学園 冨田冬馬(投手)
  • 日大藤沢 武富陸(投手)
  • 慶應義塾 善波力(捕手)
  • 藤嶺藤沢 宮原悠貴(一塁手)
  • 星槎国際湘南 一柳大地(三塁手)
  • 東海大相模 金城飛龍(右翼手)

【2年生】

  • 東海大相模 加藤響(遊撃手)
  • 横浜 津田啓史(遊撃手)

まとめ

2019年夏の高校野球神奈川大会についてご紹介させていただきました。

6月8日に抽選会が始まり、いよいよ夏の大会が始まります。

ドラフト候補や注目選手も数多く出場する注目の大会です。

ぜひチェックしてみてください。

高校野球マガジン vol.12 第101回全国高校野球選手権 神奈川大会完全ガイド (週刊ベースボール2019年6月15日号増刊)

ライザップ

-神奈川県
-, , , , ,

Copyright© スポーツROOTS , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.